PICK OUT NEWS

P4166038_1.jpg

2 September 2020

フランスの写真誌「パリ・マッチ」の記事中で、複数の写真家の写真と共に、私のカンボジアでの取材写真をご掲載いただきました。9月2日未明、ポル・ポト政権時代の強制収容所の一つ「トゥールスレン強制収容所」の元所長カン・ケ・イウ受刑者(77歳)が首都プノンペンの病院で亡くなりました。カン・ケ・イウ氏は、カンボジア特別法廷で初めて判決が確定した元ポル・ポト派のメンバーで、1万人以上の人々を死に追い込んだ人道に対する罪で2012年に終身刑が下され、刑務所に収容されていました。カン・ケ・イウ氏が所長を務めたトゥールスレン強制収容所は、約1万8千人が拷問の末に殺害され、時に死の収容所と表現されてきました。中等学校を改造したこの収容所からの、確認されている生存者はわずか12人と言われています。現在は、ユネスコ「世界の記憶」に登録され、世界中からの訪問者に、当時の記憶を語り継ぐ負の遺産として公開されています。ご掲載いただいた写真は、トゥールスレン強制収容所内の獄舎を撮影した2枚の取材写真です。記事では、カン・ケ・イウ氏死去の内容を中心に、推定170万人の人々が虐殺や強制労働の末に命を落としたポル・ポト政権時代と同収容所の記憶が描かれています。カンボジアを取材し始めた2003年、そして暮らし始めた2007年以降、強制収容所からの生存者や慰霊地を幾度も訪ね、取材を重ねました。冷戦構造に起因する、大国の思惑に巻き込まれ続けたカンボジア。大きな力の犠牲となった幾多の人々と、癒えぬ傷を今も抱え生きる人々に思いを寄せて、生きていきたいと思います。

news_forbes.jpg

17 July 2020

アメリカの経済誌『Forbes』の記事中で、私のカンボジアでの取材写真を一枚ご掲載いただきました。自由と平和と融和と協調を求め、アパルトヘイト体制と闘い続けた故ネルソン・マンデラ氏。彼の誕生日(7月18日)に設定された「ネルソン・マンデラ国際DAY」は、世界中の人々がマンデラ氏の志に思いを馳せ、アパルトヘイト撤廃に生涯を捧げた彼の67年間の活動に基づき、それぞれの意志で67分間の篤志活動を行い、差別なき世界へ向かう思いを、国を超えて分かち合う日になっています。記事では、マンデラDAYの思いに即した人権の尊さを学び得る地を紹介しています。ご掲載いただいた私の取材写真は、ポル・ポト政権時代の虐殺の犠牲となった人々を追悼する慰霊塔を取材した一枚となります。いつの日か、温かい思いの繋がりが、社会の大きな溝を埋めていくことを信じて、これからもシャッターを切り続けていきたいと思います。

news_ifex.jpg

9 July 2020

カナダに本部を置く国際人権NGOの世界ネットワーク『IFEX』の記事中で、私のカンボジアでの取材写真をご掲載いただきました。2016年7月10日に暗殺されたカンボジアの著名な政治評論家であり社会運動家のケム・レイ氏の葬儀を取材した一場面です。長期強権支配を続ける権力の横暴と対峙し、草の根の民主を根付かせようと活動していた彼の非業の死は、カンボジアが失った希望の灯火の大きさを痛感させられる取材でした。彼の死後、ケム・レイ氏の妻と家族は身の危険を感じてオーストラリアに亡命しました。自らの名前を「Meet to Kill」と名乗っていた容疑者は逮捕されましたが、暗殺の矛盾点が解消されないまま終身刑という形で裁判は結審しました。そして、この見解に疑問を呈し、真実を求める人々への政府当局による脅迫や不当逮捕といった弾圧が今も続いています。私がカンボジアでの取材を始めた2003年以降、ケム・レイ氏を含めた3人の著名な活動家が暗殺され、いずれも真実の解明には至っておらず、彼らの支持者と親族たちは、公正・中立な捜査と真相究明を求め、公権力と闘い続けています。

gallery3_edited.jpg

20 May 2020

『orphotograph』の特集企画「写真のチカラ」に私の取材活動に関してご掲載いただきました。私の思いを丁寧に聞いてくれたorphotograph編集長の大貝篤史さんに心から感謝をいたします。子どもたちの未来を思い、弾圧に命をかけて立ち向かう人々の願いを、私はこれからも伝え続けていきたいと思います。

news_letemps.jpg

12 May 2020

スイスの新聞社『Le Temps』紙の記事中に、ポル・ポト政権時代の犠牲者を悼む慰霊塔の取材写真をご掲載いただきました。記事では、カンボジア人の世界的に著名なドキュメンタリー映画監督であり作家であるRithy Panh氏とフランス人の作家であり美術評論家のHelene Giannecchini氏による亡き人々に対する思いが、彼らの作品を通して考察されています。Rithy Panh氏は、ポル・ポト政権の大虐殺下で両親を失い、難民としてフランスに渡りました。その後、ドキュメンタリーの映画監督として、ポル・ポト政権時代に関する作品を世に送り続け、亡き人々の魂の平穏を願い、人間の尊厳を訴え続けています。

news_akita.jpg

19 March 2020

『デジタルカメラマガジン4月号』【日本列島ZUIKO LENSの旅-47の都道府県を47人の写真家が巡る-】にて、見開き2ページで写真と文章をご掲載いただきました。雑誌掲載と連動し『デジカメWatch』でも同一内容の記事をご掲載いただきました。故郷秋田の伝統民俗文化、景勝地、遺溝を夏、秋、冬と撮影しました。この一連の取材でお世話になった方々と、故郷を見つめる貴重な時間を与えていただいたオリンパスの皆様に心から感謝をいたします。本当にありがとうございました。

news_2011.jpg

11 March 2020

ワシントンD.Cに拠点を置くニュースメディア『Foreign Policy』の東日本大震災から9年に関する記事中で、宮城県南三陸町での取材写真を一枚ご掲載いただきました。記事では大震災の後、新たな人生を歩み挑戦をする女性の姿が描かれています。

news_bbc.jpg

21 February 2020

イギリスの主要放送局『BBC』の記事中で、私のカンボジアでの取材写真を一枚ご掲載いただきました。ポル・ポト政権時代、カンボジアでは170万人ともいわれる人々が虐殺、粛清、飢餓により命を失い、国の基盤は崩壊しました。強制収容所への収容や地方への強制移住、徹底的な監視下での集団生活を人々は強いられ、分断、離散した家族も多くいます。そして、ポル・ポト政権の前後には、冷戦構造が絡み合う内戦も勃発し、難民として国を離れざるを得ない状況に人々は追いやられていきました。BBCの記事では、クメール・ルージュが支配下を拡充していた1970年代前半を機に離れ離れとなり、お互いに亡くなったと考えていた姉妹が、47年ぶりに再会した様子を伝えています。その一人のBun Senさん98歳は、ポル・ポト政権後、首都プノンペン郊外のストゥンミエンチャイ地区に存在した巨大な「ごみ集積場」での有価物収集で生きてきました。ご掲載いただいた私の取材写真は、私のカンボジア取材の原点である、ごみ集積場の写真となります。カンボジアを取材し始めた2003年、そして暮らし始めた2007年以降、ポル・ポト政権と内戦によって人生を翻弄された多くの人々と各地で出会いました。家族を分断され、そして命を奪われていった全ての人々に、私はこれからも追悼の祈りを捧げ続けていきたいと思います。掲載写真はPCからの閲覧で上から4枚目となります。

gallery40_edited.jpg

11 January 2020

毎日新聞夕刊、写真特集紙面『eye』にて昨年の11月に取材をしたカンボジアの伝統行事「水祭り」についてご掲載いただきました。水祭りは雨季明けを祝い、豊穣をもたらす大河へ感謝を捧げる国を挙げての最大の祝い事の一つとなっています。祭りの主役であるボートレースは3日間続き、各地域で伝統的な工法で作られた、長大な木製の手漕ぎボートのチームが全土から集い、大河トンレサップ川を勇壮に彩りました。水祭りのボートレースの歴史は古く、約840年前のクメール王朝最後の隆盛を築いたジャヤバルマン7世時代の水軍の活躍に起源があると考えられています。厳しい政治的弾圧下にあり、声を上げることも難しい現在のカンボジアですが、水祭りの現場には、美しき伝統の中で輝く人々の姿があり、敵も味方もない互いの健闘を讃え合う自由がありました。その光景を見つめていると、多くの感情で心が一杯になり、熱い思いが幾度も込み上げてきました。eyeは、紙面上では一ページ全面の大きな掲載になります。私はこれからも、カンボジアの友人たちの幸せを心から祈り、託された願いを伝え続けていきたいと思います。

domonken_kinenkan.jpg

22 December 2019

土門拳賞受賞作品展を山形県酒田市の『土門拳記念館』で約3ヵ月にわたりご開催いただきました。また、同館でのギャラリートークに際し、秋田魁新報社の紙面でご紹介いただきました。私はこれからも、弾圧に命をかけて立ち上がるカンボジアの人々の願いを見つめ、彼らの切望を写真に宿し、伝え続けていきたいと思います。ご来場いただきました全ての皆様と土門拳記念館のスタッフの皆様に心から感謝をいたします。本当にありがとうございました。

news_abc.jpg

6 August 2019

オーストラリアの主要放送局『ABC』の記事中で、私のカンボジアでの取材写真をトップにご掲載いただきました。カンボジアで最も著名な環境保護活動家であり、2012年に殺害されたChut Wutty氏の追悼集会を取材した写真です。彼は、森林伐採組織と当局が結び付く違法森林伐採と闘い続けてきた勇気ある活動家でした。度重なる弾圧に屈せずに活動を続けてきましたが、違法森林伐採の調査中に銃撃を受け、2012年4月26日に命を落としました。カンボジアでは、彼の命日に追悼集会が行われていますが、当局の妨害、脅迫行為と常に対峙しなくてはならない状況にあります。記事では、土地・環境保護活動家への深刻な弾圧の事実を伝えています。2002年から2017年まで、世界中で少なくとも1558人の活動家が暗殺、殺害され、昨年一年間だけでも164人の尊い命が奪われました。彼ら活動家は、時に官や軍と汚職で結び付いている伐採企業や採掘業者などによる強制的な搾取から、土地や伝統的な居住地、森林などの自然資源を守ろうとする人々でした。殺害された人々の中には、その深刻な状況を訴えようとするジャーナリストや弁護士なども含まれています。口封じのための脅迫、抗議運動を押さえつける不条理な弾圧は、今も世界中で終わりを見せていません。私はこれからも、社会の現実と人々の声を写真を通して伝え、公正な社会の実現を願い続けていきたいと思います。

gallery59.jpg

15 June 2019

ニューヨークに拠点を置く『Business Insider』の南アフリカ版の記事「世界中のウエディングドレスの姿を収めた素晴らしい写真」のトップに私のカンボジアでの取材写真をご掲載いただきました。掲載写真は、私がカンボジアで最も長い取材テーマとしている「湖上の命」の舞台である東南アジア最大の淡水湖「トンレサップ湖」の湖上生活者の村「コンポンルアン」での結婚式の様子です。湖上のカトリック教会で式を挙げたボパーさんの生きる姿を、彼女がまだ幼少の頃から取材を続けてきました。数年前、彼女が結婚する連絡を受け取材に赴き、温かい瞬間を見つめることができた忘れ得ぬ時間でした。

P6112526_6_edited.jpg

18 April 2019

土門拳賞受賞に際して『HUFFPOST』日本版にご掲載いただきました。お世話になっているジャーナリスト堀潤さんがMCを務める『News X』に出演をさせて頂いた動画と共に紹介されています。

domonken_nikon.jpg

16 April 2019

土門拳賞受賞作品展を『ニコンプラザ新宿 THE GALLERY 1』と『ニコンプラザ大阪 THE GALLERY』でご開催いただきました。ご来場いただきました全ての皆様と写真展期間中にお世話になったギャラリーのスタッフの皆様に心から感謝をいたします。本当にありがとうございました。

domonken_award.jpg

5 April 2019

第38回「土門拳賞」の授賞式を執り行っていただきました。受賞記事を、毎日新聞社と秋田魁新報社の紙面にご掲載いただきました。毎日新聞社の下記のリンクより、授賞式の動画が閲覧できます。ご出席いただきました全ての皆様に心から感謝をいたします。

news12.jpg

19 March 2019

カンボジア取材15年間の一つの集大成となる写真集『RESISTANCE カンボジア 屈せざる人々の願い』で、国内最高峰の写真賞の一つである第38回『土門拳賞』を受賞することができました。私はこれからも、不当な弾圧に命をかけて立ち上がるカンボジアの人々の願いを見つめ、彼らの切望を写真に宿し、伝え続けていきたいと思います。志を応援してくれる全ての方々に心から感謝し、これからも頑張ります。

olympus_photoexhibition.jpg

14 December 2018

近年のカンボジア取材の一つの集大成となる写真展をオリンパスギャラリーでご開催いただきました。また、写真展開催と写真集発表に関して、毎日新聞社の紙面でご紹介いただきました。私はこれからも、弾圧に命をかけて立ち上がるカンボジアの人々の願いを見つめ、彼らの切望を伝え続けていきたいと思います。ご来場いただきました全ての皆様とカンボジアを伝える貴重な機会を与えていただいたオリンパスの皆様に心から感謝をいたします。本当にありがとうございました。

news_irishtimes.jpg

5 December 2017

アイルランドの主要紙の一つ『Irish Times』の記事中で、私のカンボジアでの取材写真を一枚ご掲載いただきました。内戦後初の英字紙であり、カンボジアのジャーナリズムの発展に寄与してきたカンボジア・デイリーは、「All the News Without Fear or Favor」を意志に掲げ、1993年5月に実施された第1回総選挙後の8月から、公正な報道を貫いてきた内戦後初の英字紙でした。「Newsweek」の東京支局長を務め、日本で暮らしていたアメリカ人ジャーナリスト、故バーナード・クリッシャー氏(2019年3月没)が、推定170万人の国民が命を落としたポル・ポト政権による大虐殺と、その前後に勃発した内戦によって、完全に破壊されたカンボジアのジャーナリズムの復興を目指して創設され、新たな国づくりと民主主義の構築を象徴するような新聞社でもありました。フン・セン政権に追従せざるを得ないカンボジアのジャーナリズムの世界で、カンボジア・デイリーは権力の横暴と常に対峙し、フン・セン首相に時に名指しで脅迫を受けながらも、弱い立場に不当に追い込まれる人々の姿を報じ続けてきました。その姿に心から共感した私は、カンボジア・デイリーと連絡をとり、2014年から約3年間、フン・セン政権の弾圧に対して立ち上がる人々の取材写真を掲載してもらってきました。Irish Timesにご掲載いただいた写真は、カンボジア・デイリーがフン・セン政権の圧力を受け、廃刊に追いやられた最後の紙面を撮影した1枚です。一党独裁支配に至る近年の苛烈な弾圧の中で、カンボジア・デイリーの廃刊は、最も悔しい出来事の一つでした。

P7030132.jpg

24 September 2017

『Los Angeles Times』紙に鎌倉の取材写真を記事中で二枚ご掲載いただきました。記事では、東京近辺の歴史的な旅先を紹介しています。

news_telegraph.jpg

27 August 2017

イギリスの主要紙『The Daily Telegraph』のカンボジアの旅について記述された記事中で、カンボジアで10年以上にわたり取材をしている東南アジア最大の淡水湖「トンレサップ湖」の一つの湖上集落「コンポンルアン」での取材写真を一枚目と五枚目にご掲載いただきました。

gallery65.jpg

24 April 2017

イタリアの国際ニュース誌「Internazionale」に、私のカンボジアでの取材写真をご掲載いただきました。記事では、政府当局による市民社会への人権弾圧、現代カンボジアの最たる社会問題の一つである土地強制収奪問題、そして、カンボジアの平和運動の象徴的存在であり、自らも土地強制収奪問題に呑み込まれながら、権力の横暴と闘い続けてきた活動家テップ・バニーさんの活動が描かれています。ご掲載いただいた写真は、その活動家テップ・バニーさんの写真です。彼女は、2016年8月15日、政権に囚われし人権活動家の釈放と、暗殺された著名な政治評論家であり社会運動家のケム・レイさんの公正な捜査を政権に求める抗議デモ中に、私の取材する目の前で、複数の治安当局者によって連れ去られ、2年間の不当な投獄に追いやられてしまいました。この写真は、控訴審を終えて再び刑務所に連れ戻されゆくテップ・バニーさんの写真です。彼女は、不正義に決して屈せず、祖国の平和と自由をいつも願い続けていました。その屈せざる姿に、私自身が多くの学びと立ち上がる勇気をいただいてきました。彼女は今、事実上の亡命生活をアメリカで余儀なくされながら祖国を思い続けています。

写真著作権は高橋智史に属します。写真の無断使用、無断転載を禁止します。

  • ブラックFacebookのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン

SATOSHI TAKAHASHI 

PHOTOGRAPHY