satoshitakahashi1.jpg

​高橋智史/Satoshi TAKAHASHI

フォトジャーナリスト。

1981年秋田県秋田市生まれ。

日本大学芸術学部写真学科卒。大学在学中の2003年からカンボジアを中心に東南アジアの社会問題の取材を開始。2007年から2018年までカンボジアの首都プノンペンに在住し、同国の社会問題、生活、歴史、文化を集中的に取材。近年は、カンボジアの人権問題に焦点を当て英字メディアへの掲載を中心に報道写真を発表している。カンボジア取材通算15年の節目に発表した写真集「RESISTANCE カンボジア 屈せざる人々の願い」で第38回「土門拳賞」を受賞した。

 

【主な受賞歴】

​2006年「上野彦馬賞入賞」

2007年「日本大学芸術学部長賞」

2013年、14年「国際ジャーナリスト連盟(IFJ)日本賞大賞」

2014年「名取洋之助写真賞」

2016年「三木淳賞奨励賞」

2019年「土門拳賞」

2019年「秋田県芸術選奨」

gallery8.jpg

【主な写真展】

2013年「トンレサップ‐湖上の命」(コニカミノルタプラザ)

2015年「名取洋之助写真賞受賞作品写真展」(富士フイルムフォトサロン)

2016年「Borei Keila‐土地奪われし女性たちの闘い」(ニコンサロン)

2018年「RESISTANCE カンボジア 屈せざる人々の願い」(オリンパスギャラリー)

2019年「写真集RESISTANCE出版記念写真展」(さきがけホール)

2019年「第38回土門拳賞受賞作品展」(ニコンプラザ THE GALLERY)

2019年卒業生による木村伊兵衛賞・土門拳賞受賞記念作品展」(日芸写真ギャラリー)

2019年「第38回土門拳賞受賞作品展」(土門拳記念館)

【写真集】

2013年「湖上の命‐カンボジア・トンレサップの人々」(窓社)

2014年「フォトルポルタージュ・素顔のカンボジア」(秋田魁新報社)

2018年「RESISTANCE カンボジア 屈せざる人々の願い」(秋田魁新報社)

【メディア出演】

NHK「ニュースウオッチ9」NewsX、NHKBS1「キャッチ世界のトップニュース」、NHKBS1「国際報道2018」、NHK秋田放送「インタビュー」、J-WAVE「JAM THE WORLD」、ABS秋田放送「news every」、ABS秋田放送ラジオ「エキマイク」、エフエム秋田などに出演実績がある。

【講演】

故郷秋田、東京を中心に小学校、中学校、高校、大学、専門学校、NGOなどでの講演を多数行っている。

【パーマネントコレクション】

2019年「土門拳記念館」に「RESISTANCE カンボジア 屈せざる人々の願い」の写真作品群が永久収蔵。

gallery50.jpg

 初めてカンボジアに降り立った2003年の9月末、あの日のことを今もはっきり覚えている。スコールで冠水した道路には、無数のバイクやトゥクトゥクが水しぶきをあげて勢いよく行き交い、子どもたちはその脇で無邪気に水遊びをしていた。生活に密着している市場やひしめく屋台からは、各種クメール料理が混然一体となって香りたち、夕食の食材を買い求める人々で溢れていた。活気に満ちた夕暮れの街に、人々の生きる躍動が強烈に映え、幾度もシャッターを切った。その陰では、地雷で手足を失った戦傷者やストリートチルドレンが、国家の悲劇の歴史を背負いながら静かに生きていた。届かぬ彼らの願いを伝えたいと決意し、大学卒業後、すぐに移り住んだ。

 あれから17年が経ち、政治亡命者さえも生み出す状況となってしまったこの数年間のカンボジアでの取材は、正に激動の時間だった。35年間の強権支配を築く政権の横暴に、異を唱える最大野党が解党させられ、主要英字紙は廃刊に追い込まれ、政治評論家が暗殺され、ジャーナリストや活動家、そして市民が次々と投獄される。その結末は、対抗勢力を社会から一掃して断行された総選挙での、新たな一党独裁の幕開けだった。息の詰まるような抑圧と緊張の日々は、ポル・ポト政権、内戦後、困難の中で懸命に積み重ねてきたはずの民主が破壊されていく様を、一つ一つ見せつけられるような時間だった。

 公正な社会と自由を求め、大きな力に命をかけて立ち上がり続けた人々は言う。

 「私たちが闘う理由が分かりますか?それは子どもたちの未来のためです。祖国から弾圧を受け、恐怖で締め付けられるような未来ではなく、自由と正義を享受し、安心して生きられる。そんな未来のためなのです。子どもたちには、そのような国で生きてほしいのです」

 

 私はこれからも、人々の尊い願いに心を寄せ、写真の力を信じ、彼らが今を生きた証を伝え続けていきたい。そしていつの日か、大きな溝が社会から消え、彼らの望む未来がカンボジアに訪れた時、私は彼らの笑顔を一番近くで見つめ、シャッターを切っていたい。

高橋智史

写真著作権は高橋智史に属します。写真の無断使用、無断転載を禁止します。

  • ブラックFacebookのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン

SATOSHI TAKAHASHI 

PHOTOGRAPHY