top of page
  • Satoshi Takahashi

写真展『男鹿‐神と生きる‐』閉幕

更新日:2023年10月17日



9月23日から30日まで開催いただいた故郷秋田での写真展「男鹿‐神と生きる-」は盛況の内に終了となりました。

秋田市、男鹿市、能代市、大館市、田沢湖町、大仙市、由利本荘市、湯沢市と県内各地から1000人以上の方にお越しいただくことができました。写真展の開催にあたり、温かいお力添えをいただいた皆様とご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。


この度の写真展は、今年2月に不慮の海難事故で逝去された三浦幹夫さんへささげる写真展でもありました。三浦さんは、男鹿の海を愛した漁師であり、ナマハゲ行事の継承に尽力された男鹿市双六地区ナマハゲ保存会の会長でもありました。新型コロナウイルスが顔を出した難しい社会状況の中でも、私の取材を受け入れていただきました。三浦さんの温かい思いに支えられ、私は男鹿半島でシャッターを切ることができました。感謝してもしきれない思いです。三浦さんのお姿と志を生涯忘れず、これからも故郷を見つめシャッターを切っていきたいと思います。












 

この度の写真展を、秋田魁新報社と毎日新聞社の紙面で複数回ご紹介いただきました。心から感謝いたします。



 

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page